非痙攣性てんかんは食品と関係があるのか

病気の中に、てんかんという病気があります。
昔から存在していますが、発作時の代表的な症状は全身の痙攣です。
「てんかん」と平仮名で表示することが多いですが、漢字に当てはめると大変難しい漢字になってしまいますし、その漢字の持つ意味には良い意味が一つもありません。
昔の人がその発作時の異様さを目にしてそのような漢字を用いたのでしょう。
なのでこのように「てんかん」と平仮名で表示することが現代では一般的になっています。

てんかんの中には非痙攣性の人もいます。
代表的な全身の痙攣という症状ではない人です。
側頭葉てんかんとも言いますが、若い人なら最初は全身けいれんから起こります。
しかし中には最初から脳の中での症状を起こす人がいます。
このような場合、複雑部分発作という発作を起こしていますが、見ていても症状が表に出ないので、高齢者だと病院に行っても認知症だと誤診されてしまう場合があります。

なるべく設備の整った脳に詳しい医師に罹りましょう。
てんかんに対しての食事療法という方法は、海外では研究が進んでいます。
欧米諸国では肉や魚といった食品が効き目があるとされています。
脳の働きに良い青魚は特に良いとされていますが、反対にこれはダメという食品には米、小麦、砂糖が入っている菓子などです。

いわゆる糖質が良くない影響を与えるということですが、欧米なら容易く感じるこれらの食品制限も、日本でお米が食べられないというのは大変なことです。
しかし糖質が体に良くないというのは一般的にも知られています。
過剰摂取でうつや精神に悪い影響を与えますので、脳に良くないということが分かります。
これら食材の栄養素は人に体に大切なものですので、レシピに工夫をすれば問題なく食事が出来ると言えます。